仕事が嫌になったからブロードウェイでミュージカル観てくる

Nothing is as beautiful as something that you don’t expect.

ハウリング・ガールズ(東京芸術劇場)

観劇日:2019年10月31日

劇場:東京芸術劇場プレイハウス

f:id:kangekidaisuki:20191101001145j:image

現代では、わかりやすく言葉にできないなら、意見や考えが無いものとされてしまうことが多い。でも表明されないからといって、そこに何の想いもないわけじゃない。むしろ言葉にされるのは氷山の一角に過ぎないのだ。人はそれぞれ、水面下に言語化できない溢れる世界を持っている。そのことを本作で目の当たりにした。

ハウリング・ガールズ」は東京芸術祭ワールドコンペティションの演目の一つ。オーストラリアのシドニー・チェンバー・オペラによる作品。

演出ノートには、911のトラウマを抱えた少女達がヒントになって生まれた作品とあったが、次の文章を読んで、チケットを取ることを決めた。

 

「この物語は、もう一つのトラウマである女性の『ヒステリー』の歴史、周囲から信じてもらえず、非理性的で意味の分からない言葉を話しているとみなされてきた歴史とも共鳴するものかもしれない」

 

芸劇のプレイハウスの前方に小さな特設会場が作られていて、私はその最前列で鑑賞した。

暗闇の中で、かすかな息が聴こえ始める。それは徐々に呻き声のような歌声に変わる。最初は喉にひっかかってうまく出ないが、段々スムーズに、ストレートに、様々な高さで朗々と歌い始める。それに呼応するように、少女達のコーラスが聴こえる。舞台下手には、白い布にくるまって横たわっている1人の人間。声が大きく高く響くにつれて、布にくるまった彼女はやっとの思いで起き上がる…。

 

涙が出た。自分の姿を目の前に突きつけられたようだった。この言葉にならない悲鳴は、私がずっと自分の中で持て余してきたものじゃないか。そしてもしかして私の母の。さらに、この世で理不尽を感じながら、耳を傾けられない人々の叫び・祈りのようにも思えた。目の前の女性達は、声にならない声に、こんなにも美しく陽の目を見せてくれた。彼女達の声に唱和するような思いだった。途中、メインのソプラノ歌手が(素晴らしい歌声だった)蓄音機のようなものを持ち、少女達もメガホンを取って歌うシーンがあり、私達の呻き声に市民権が与えられたと感じて、心が震えた。

少女達が、最初は訥々と、でも確実に自分の言葉を語り始めるシーンは、とても頼もしく思えた。若い時期にこの作品に関わることは、彼女達にとっても大きな財産になるだろうと思った。

作品の中で歌われた歌は、歌詞も明確なメロディもなく、不協和音と思えるものもあった。私は耳が敏感な方で、電車の中ではノイズキャンセリングフォンが手放せないのだけど、この作品で奏でられる音楽については全く不快な感じがしなかったから、ちゃんと計算され尽くされているのだと思った。

観終わった後は、しばらく放心状態だった。短い作品だったけれど不思議な体験をした。

 

どん底(新国立劇場)

観劇日:2019年10月4日

劇場:新国立劇場

f:id:kangekidaisuki:20191004221712j:image

マクシム・ゴーリキーどん底」新訳上演。少し体調が良くなかったので、タイミングが悪かったなと思いながらも、なんとか劇場にたどり着いた。

 

救いのないラスト。

明確な答えは与えられない。

でも観る前より明らかに元気になっている自分がいた。

なぜだろう。

 

たとえ、何らかの答えが提示されたとしても、そんなに単純なことではないと納得出来なかっただろう。

答えが無い中で、必死に生きる人々の姿を見て、同志のような頼もしさを感じたのかもしれない。少なくとも、同じ戦いを戦っている人々がいる、1人ではないのだと。

巡礼者ルカの耳触りのいい言葉は、多くの人に影響を与えるが、根拠がなく、無責任で浅い。電車に頻繁に広告を出している自己啓発本の類を思い出した。

なぜ生きるのか。答えは自分で見つけなければならない。見つからなくても問い続けなければならない(いや、問うのをやめて、やり過ごす自由もある)。神を信じたいなら、誰かの聴いた神の声ではなく、自分一人で神と向き合い対話しなければならない。

そして、他者に対して、その人の人生の問題の解答を持っているかのように語ってはならないのだ。

そんな事を思った。観てよかった。

 

どん底 (岩波文庫)

どん底 (岩波文庫)

 

 

 

バレエ・アム・ライン「白鳥の湖」

鑑賞日:2019年9月20日

劇場:Bunkamuraオーチャードホール

ヨーロッパで話題だというドイツのカンパニーが「白鳥の湖」で来日、しかも生オケということで、お高かったけど観てきました。

一番の衝撃は、オデット役の女性がいかにもバレリーナな感じではなく、小柄で筋肉質だったこと。ドタバタ走る様子は白鳥というよりアヒルの子のよう。誰もがうっとりする高嶺の花じゃないけど、王子にはツボだったのね、という感じで見ていた。でも、彼女が愛された自信に輝いてとても美しく見える瞬間もあって、だから裏切られた時の悲嘆の大きさが感じられた。王子役が手足が長い、群舞の中でも目を引く人だったので、オデットと一緒に踊ると頭2個分くらい身長差があるように見えて、面白かった。2人が座って向かい合うシーンが、くつろいだ雰囲気で好きだった。

芸術監督・振付のマーティン・シュレップァー氏(客席にいた)は「現実の世界は、 整った美しい人ばかりではなく、 小さい人もいますし大きい人もいる、 そういった現実の生活を舞台の中で表現したい」と語っていて、なるほどと思った。

オケについては、最初から大好きな白鳥の湖を生で聴ける贅沢を噛み締めていたんだけど、特にジークフリートがオディールに騙されたと気づいた絶望のシーンが、これでもかというくらいに盛り上げられて、圧倒された。

一番観られて良かったなーと思ったのは、四幕の人間になった白鳥たちの群舞(マシューボーン版でいうとベッドの下から白鳥が出てくるところのメロディ)。メインの白鳥のダンサーが可愛いかった。オデットが裏切られた哀しみを白鳥みんなが共有している感じがした。

全体を通してほかに気づいたところは、無音で踊るところが結構あった。(え?音楽こんなに盛り上がってるのに、ダンサーはじっとしてるの?)と思う所も多々あった。アジア人がみんな悪役なのは、日本人ダンサー達は受け入れているようだけれど、正直少しモヤモヤした。

色々と戸惑うところもあったけど、それも含めて観てよかったです。

 

Tchaikovsky: Swan Lake (Choreography By Martin Schlapfer) [DVD] [Import]

Tchaikovsky: Swan Lake (Choreography By Martin Schlapfer) [DVD] [Import]

 

 

 

ロケットマン

鑑賞日:2019年8月23日

映画館:TOHOシネマズ日本橋

エルトン・ジョンの伝記的映画。「ユア・ソング」誕生シーンのPVを観て心が震えるほど感動し、公開初日に観に行きました。でも、これから観に行く方は、この動画を前もって観ない事をお勧めします。やはり、ここがクライマックスの一つで、映画館で初めて観る方がいいと思うからです。

あらすじは「ボヘミアン・ラプソディ」をなぞるような面も多く、特に目新しいものはありませんでした(マネージャーも同じ人が出て来るし)。ただ一番の違いは、本人が存命だという事。あんな破茶滅茶な生活をして、なお72歳で元気にしているとは、エルトン・ジョンはかなり丈夫な人なのだと思います。オーバードーズで病院に運び込まれた2日後にドジャースタジアムでのコンサートを成功させるなんて、常人には到底成し遂げられる事ではありません。

主演のタロン・エジャトンは、可愛らしい顔をしていて、演技も一瞬一瞬おそろしく丁寧で、歌にも魂がこもっていて素晴らしい役者さんでした。それでも彼とエルトン・ジョンがコンサートで共演している動画を見ると、明らかにエルトンの方が安定感抜群なのです。

辛い家庭環境で育って、寂しい思いをしたかもしれないけれど、それに負けない生命力を持った巨人、選ばれし人なのだと思いました。

作詞家のバーニーとの友情も感動的でした。今回、ユアソングの歌詞を初めてちゃんと知りましたが、こんなに奥ゆかしい素敵な言葉たちだとは思いませんでした(ドンマイ、ドンマイ、気にするな、というような内容かと思っていた)。バーニーも存命なので遠慮もあるのか、描き方が一面的だと思わなくもありませんでしたが、変わらず支え続ける彼の眼差しのおかげで、今のエルトンがあるのだなと感じました。バーニーを演じたジェイミー・ベル(「リトルダンサー」の主人公だった)が温かさと品があって、とても良かった。

この作品、ブロードウェイでジュークボックス・ミュージカルになりそう。

ザ・ベスト~僕の歌は君の歌

ザ・ベスト~僕の歌は君の歌

 
ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)

ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)

 
リトル・ダンサー [DVD]

リトル・ダンサー [DVD]

 

 

 

人形の家 part2

観劇日:2019年8月17日

劇場:紀伊国屋サザンシアター

 

2017年に書かれた、イプセン「人形の家」の続編。同年のトニー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞を含む8部門にノミネートされ、ローリー・マトカーフ(ビッグ・バン・セオリーのシェルダンのママ)が主演女優賞を受賞しています。今回、主役のノラ役は永作博美で、演出は栗山民也。

夫トルヴァル役の山崎一が、一番台詞に血が通っているように感じました。終始緊迫した雰囲気の中で、彼が話すとほっとするような気もしました。最後は、彼が随分ノラに歩み寄って、理解しようと努力しているので、個人的には「え、まだ駄目なの、ノラ?」と思う面が無きにしもあらずでした。フェミニスト・アイコンとなったノラの基準からすると、私はまだまだ甘いという事でしょうか。

ノラ役の永作博美は、乳母や夫、娘との会話の中で常に葛藤して悲痛な表情を浮かべていたので(特に娘との対決はヒリヒリしたものでした)、その空気が全体を支配していて、観終わった後は、考えさせられるシリアスなお芝居だな、という感想でした。

ところがブロードウェイ版の抜粋シーンをYouTubeで見ると、ノラはもっと堂々としていて、図々しく、夫とのやりとりも丁々発止。乳母のアンネ・マリーもFワードを叫んだりして、客席から笑いが起き、まるでコメディ。雰囲気の違いに驚きました。国の文化の違いも影響しているのかもしれません。

脚本のルーカス・ナスはイプセンのファンで、「人形の家」を自分の言葉で書き直した結果、これは本当の意味でコミュニケーションが取れなかった2人の物語だと思い、彼らが改めて話し合う必要があるところに続編を作る意味を見出したそうです。

イケメンなナス氏、ヴォーグ誌にも取り上げられています。

 

私がノラの台詞で一番共感したのは、自分の中に聞こえて来る他者の声が消えるまで2年間の沈黙が必要だった、そうして初めて自分の声が聞こえるようになった、というところ。結婚などに関する彼女の主張に100%賛同は出来なかったけれど、最後にまた扉を開けて出て行く決断が、彼女にとっての最善なのだと納得する事はできました。

それにしても、残されたトルヴァルはかわいそうでした。カーテンコールで山崎さんの目が赤くなっていて、まだ役の余韻が残っている感じもして、ちょっとたまらない気持ちになりました。

 

↓雑誌『悲劇喜劇』で日本語訳戯曲も読めるようです。

悲劇喜劇 2019年 09月号

悲劇喜劇 2019年 09月号

 
A Doll's House, Part 2 (TCG Edition) (English Edition)

A Doll's House, Part 2 (TCG Edition) (English Edition)

 

 

 

カラス・アパラタス「ロスト・イン・ダンス」

鑑賞日:2019年8月12日

劇場:カラス・アパラタス(荻窪

f:id:kangekidaisuki:20190812223205j:image

まず、照明に痺れた。ぼおっと浮かび上がる空間に現れた勅使川氏を見て、「何だ、この人は!」。無駄のない動きが、不思議な緊張感で場を支配する。ベートーベン、シューベルトピアノ曲も静謐な空間を創り出す。荻窪ではなく、どこか外国の街に来たかのような錯覚にとらわれた。

共演の佐東利穂子さんの手の動きが、薄暗い照明の中で残像になって円を描いていた。途中、あまりに息遣いが激しくなったので、大丈夫だろうかと心配になった。踊りのボキャブラリーは、勅使川原氏の方が豊富だと感じた。

終演後の挨拶で、勅使川原氏の声が思いのほか高く、か細くて驚いた(写真から、もっと押しの強い人だと思っていた)。ひとつひとつの言葉の純度が高くて、このトークも含めて作品が完成するのだと思った。ホールの外で観客に挨拶する彼は、まるで少年のような表情で、瑞々しいにも程がある65歳だった。

10月には東京バレエ団で新作も披露されるそうで、こちらもぜひ観てみたい。

 

 

イマシバシノアヤウサ「アイランド」

観劇日:2019年8月11日

劇場:下北沢OFF OFFシアター

f:id:kangekidaisuki:20190811165909j:image

歳のせいで頭が働かなくなっている事もあって、最近は言葉で考えるより、役者さん(やセット、照明、音楽を含む演出)の生命力やほとばしる感情、熱量を感じるために劇場に足を運んでいるのだけれど、そういう意味でとても満足できる作品だった。

アパルトヘイト下の南アフリカ強制収容所で3年弱同じ部屋に暮らしているジョンとウィンストン。言い合いをしながらも最低限の互いへの尊敬が残っているのが救われる(現実は必ずしもそうはいかないと思うが)。

冒頭、砂をひたすら一輪車に入れて運ぶシーン(互いに顔を見合わせる余裕すらない)、後半にウィンストンが「一日一日を数える」しか無いというシーン。過酷さでは比べ物にならないけれど、常に人生の意義を見出せるわけでなく、時に無味乾燥な日々を送っているかもしれない我々観客と重なるところもあるのではと思った。

島に連れて来られた時の事を回想するシーン、ジョンが解放された後を想像してウィンストンが語るシーン、ひとつひとつの場面が目に浮かぶようで、役者さんの力量を感じた。アンチゴーヌの上演シーンも引き込まれた。打楽器が効果的に使われていた。

作者のアソル・フガードもインタビューの中で語っているが、このような過酷な環境の中で反対者との対話を諦めず、理想を掲げ続けたネルソン・マンデラ氏は本当に稀有な人物だったのだと改めて思った。