仕事が嫌になったからブロードウェイでミュージカル観てくる

映像業界経験のある事務職員。観劇への情熱だけが残っています。

人形の家 part2

観劇日:2019年8月17日

劇場:紀伊国屋サザンシアター

 

2017年に書かれた、イプセン「人形の家」の続編。同年のトニー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞を含む8部門にノミネートされ、ローリー・マトカーフ(ビッグ・バン・セオリーのシェルダンのママ)が主演女優賞を受賞しています。今回、主役のノラ役は永作博美で、演出は栗山民也。

夫トルヴァル役の山崎一が、一番台詞に血が通っているように感じました。終始緊迫した雰囲気の中で、彼が話すとほっとするような気もしました。最後は、彼が随分ノラに歩み寄って、理解しようと努力しているので、個人的には「え、まだ駄目なの、ノラ?」と思う面が無きにしもあらずでした。フェミニスト・アイコンとなったノラの基準からすると、私はまだまだ甘いという事でしょうか。

ノラ役の永作博美は、乳母や夫、娘との会話の中で常に葛藤して悲痛な表情を浮かべていたので(特に娘との対決はヒリヒリしたものでした)、その空気が全体を支配していて、観終わった後は、考えさせられるシリアスなお芝居だな、という感想でした。

ところがブロードウェイ版の抜粋シーンをYouTubeで見ると、ノラはもっと堂々としていて、図々しく、夫とのやりとりも丁々発止。乳母のアンネ・マリーもFワードを叫んだりして、客席から笑いが起き、まるでコメディ。雰囲気の違いに驚きました。国の文化の違いも影響しているのかもしれません。

脚本のルーカス・ナスはイプセンのファンで、「人形の家」を自分の言葉で書き直した結果、これは本当の意味でコミュニケーションが取れなかった2人の物語だと思い、彼らが改めて話し合う必要があるところに続編を作る意味を見出したそうです。

イケメンなナス氏、ヴォーグ誌にも取り上げられています。

 

私がノラの台詞で一番共感したのは、自分の中に聞こえて来る他者の声が消えるまで2年間の沈黙が必要だった、そうして初めて自分の声が聞こえるようになった、というところ。結婚などに関する彼女の主張に100%賛同は出来なかったけれど、最後にまた扉を開けて出て行く決断が、彼女にとっての最善なのだと納得する事はできました。

それにしても、残されたトルヴァルはかわいそうでした。カーテンコールで山崎さんの目が赤くなっていて、まだ役の余韻が残っている感じもして、ちょっとたまらない気持ちになりました。

 

人形の家(新潮文庫)

人形の家(新潮文庫)

 
A Doll's House, Part 2 (TCG Edition) (English Edition)

A Doll's House, Part 2 (TCG Edition) (English Edition)

 

 

 

カラス・アパラタス「ロスト・イン・ダンス」

鑑賞日:2019年8月12日

劇場:カラス・アパラタス(荻窪

f:id:kangekidaisuki:20190812223205j:image

まず、照明に痺れた。ぼおっと浮かび上がる空間に現れた勅使川氏を見て、「何だ、この人は!」。無駄のない動きが、不思議な緊張感で場を支配する。ベートーベン、シューベルトピアノ曲も静謐な空間を創り出す。荻窪ではなく、どこか外国の街に来たかのような錯覚にとらわれた。

共演の佐東利穂子さんの手の動きが、薄暗い照明の中で残像になって円を描いていた。途中、あまりに息遣いが激しくなったので、大丈夫だろうかと心配になった。踊りのボキャブラリーは、勅使川原氏の方が豊富だと感じた。

終演後の挨拶で、勅使川原氏の声が思いのほか高く、か細くて驚いた(写真から、もっと押しの強い人だと思っていた)。ひとつひとつの言葉の純度が高くて、このトークも含めて作品が完成するのだと思った。ホールの外で観客に挨拶する彼は、まるで少年のような表情で、瑞々しいにも程がある65歳だった。

10月には東京バレエ団で新作も披露されるそうで、こちらもぜひ観てみたい。

 

 

イマシバシノアヤウサ「アイランド」

観劇日:2019年8月11日

劇場:下北沢OFF OFFシアター

f:id:kangekidaisuki:20190811165909j:image

歳のせいで頭が働かなくなっている事もあって、最近は言葉で考えるより、役者さん(やセット、照明、音楽を含む演出)の生命力やほとばしる感情、熱量を感じるために劇場に足を運んでいるのだけれど、そういう意味でとても満足できる作品だった。

アパルトヘイト下の南アフリカ強制収容所で3年弱同じ部屋に暮らしているジョンとウィンストン。言い合いをしながらも最低限の互いへの尊敬が残っているのが救われる(現実は必ずしもそうはいかないと思うが)。

冒頭、砂をひたすら一輪車に入れて運ぶシーン(互いに顔を見合わせる余裕すらない)、後半にウィンストンが「一日一日を数える」しか無いというシーン。過酷さでは比べ物にならないけれど、常に人生の意義を見出せるわけでなく、時に無味乾燥な日々を送っているかもしれない我々観客と重なるところもあるのではと思った。

島に連れて来られた時の事を回想するシーン、ジョンが解放された後を想像してウィンストンが語るシーン、ひとつひとつの場面が目に浮かぶようで、役者さんの力量を感じた。アンチゴーヌの上演シーンも引き込まれた。打楽器が効果的に使われていた。

作者のアソル・フガードもインタビューの中で語っているが、このような過酷な環境の中で反対者との対話を諦めず、理想を掲げ続けたネルソン・マンデラ氏は本当に稀有な人物だったのだと改めて思った。

 

 

 

 

アダム・クーパー版「白鳥の湖」を観て考えたこと

2019年来日のマシュー・ボーン白鳥の湖」、結局主役3バージョン制覇して、さらに初代アダム・クーパー版のDVDも購入しました。 これが噂の沼でしょうか。

チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」 [DVD]

チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」 [DVD]

 

何度か繰り返し観ているわけですが、色々と思うことがあるので、ここに書き留めておきます。

まず、アダム・クーパー版では、少年の王子が登場するんですね。この少年王子、最初のうなされるシーンから、最後のスワンに抱かれるシーンまで、重要なポイントになっていると思いました。

王妃と王子が国民に挨拶する冒頭のシーン、観劇した時は、成人王子しか出てなかったので、なぜ同じようなことを2回繰り返すのか違和感があったのですが、もともとは1回目に少年王子、2回目を成人王子が演じることで、彼の変化(または変わらないところ)を表していたんだと納得。朝起きて召使いにお世話してもらうシーンも少年王子の方が自然です。四幕の王子臨終シーン、ベッド上では母王妃に成人王子が抱かれ、背景にスワンに抱かれる少年王子が浮かび上がることで、王子良かったね、という心への迫り具合が全然違うと思いました。日本上演版に成人王子しか出てこないのは、お金の事情でしょうか。

成人王子スコット・アンブラーは、DVDでアップになると少しお年を召されてる印象でしたが、圧倒的に演技がお上手。スワンク・バー後の傷心の表情で「あ、今死のうって覚悟したな」とわかるし、二幕の幸せな踊りの後の笑顔もチャーミング。三幕でストレンジャーに翻弄される腰抜けぶりも見事です。精神崩壊していく様子がちゃんと見えるので、銃発砲が唐突じゃない。

そして、アダム・スワン。今回来日のマックス版を観て、こんなはずじゃない気がすると、youtubeで検索して初めてアダム版(二幕)を観ました。その美しさ、妖艶さに痺れつつ、だよね?こういう事だよね?と納得。マシュー・ボール版の追加チケット購入に踏み切ったのでした。アダム・スワンの一番好きなシーンは、二幕でスワン一同手招きからの、王子が近づこうとすると円を描いて逃げて、上手でキメの白鳥ポーズをするところ(あのポーズを考えたマシューボーンほんと天才)。眼差しヤバいです。髪型が、なんであんな散髪してきたばかりみたいにパッツンなんだろうと思いますが、当時の流行りでしょうか。

王妃もDVD版のフィアーナ・チャドウィックが凄くいい。柔らかさとしたたかさが同居した魅力的なキャラクターでした。ストレンジャーが三幕で王妃の腕にキスする(舐める)時、すぐに落ちないで拒否するところにも威厳を感じます。段階的に心を開いていくのが見て取れました。それにしてもシンデレラも白鳥も、マシューボーン作品にお盛んな中年女性が出て来るのはなぜだろうと思ったのですが、もしかして、マシューボーンがゲイであることと関係してるのかなと思い至りました。マシューボーン作品に出て来る女性は、男性と同様に性的で、かつ男性の消費対象ではない。スワンクバーでガールフレンド含む男女が踊るシーンも、ことさらに女性らしさを強調してないのが、とても好きです。

ところでオペラ鑑賞の王妃登場シーンでは、ロンドンの観客は起立して敬意を示していて、すごいと思った。それなのにストレンジャーとあんな絡みをするとは…日本の皇室では考えられない。

DVDについていたマシューボーンのインタビューに「"白鳥"は、王子にとって、こうありたいと願う理想像で(中略)、王子の心の状態や感じているムードを映している、もう一つの自我なのだ」とあって、色々と合点がいくところがありました。

たとえば三幕のストレンジャー。なんで最終的に年増の王妃を選ぶのか不思議だったのですが、彼が王子のもう一つの自我であるなら、一幕の近親相姦を連想させるシーンとの関連でも納得がいきます。白鳥とストレンジャーの王子への態度の一貫性の無さも、王子自身の心の中の葛藤だと思えば、なるほどねと。四幕でスワンが傷を負っているのもそういう事なんですね(王子が傷つけばスワンも傷つく…)。

寂しい子どもが自分の心の隙間を埋めるために空想上の友達(イマジナリーフレンド)を作り上げる、という話はよくあると思うのですが、このスワンレイクもその類かなと思います。

観れば観るほど新たな面が見えてきて、癖になる作品だと思います。今後どんなキャストで上演されていくのか、楽しみに見守っていきたいと思います。

 

 

 

マシューボーンの「白鳥の湖〜スワンレイク〜」

鑑賞日:2019年7月13日、17日

劇場:Bunkamuraオーチャードホール

f:id:kangekidaisuki:20190720170945j:image

マシューボーン演出の男性版白鳥の湖。初代スワンのアダム・クーパーが有名です。

今回初鑑賞で、1回目に観た時はスワン/ストレンジャー役がマックス・ウェストウェル。良かったけど、色々と腑に落ちないところもあって、マシュー・ボールが主役の日を追加。結果、ようやく自分の中でこの作品が完成したような気がしました。

【あらすじ】

某国の王子は、母である女王に冷たくされ、寂しい思いをしていた。さらにスキャンダルをパパラッチされ、絶望して公演の湖に身を投げようとしたところ、美しい白鳥(スワン)に出逢う。実はスワンは、今まで彼の夢の中にたびたび現れていたのだった。生きる喜びを取り戻したかに見えた王子。その後開かれた舞踏会でスワンそっくりの男(ストレンジャー)が姿を見せる。しかし彼は王子につれなくし、次々と女性を口説く。最後は母である王女まで誘惑し…。

【以下、ネタバレを含む感想】

英国ロイヤルバレエ団のプリンシパル、マシュー・ボールのスワンが、この世のものとは思えない素晴らしさでした。

公園の湖で舞台を横切る登場シーンから、既に体が濡れていて妖艶。白鳥が小首を傾げる仕草、羽ばたく動作での筋肉一つ一つの動き、舞台をはける時の王子への一瞥など、とにかく目が離せませんでした。愛に飢えている王子を抱き抱えて、優しく羽で覆うところは、母性さえ感じました。両手を広げるととても大きく見えて、世界トップクラスの表現力を思い知りました。

ウェストウェル版では、王子が思わず触れたくなる感じや、うっとり白鳥が踊るのを眺めるところ、白鳥との出会いで生きる喜びを取り戻したところなどに、いまいち説得力を感じられなかったのですが、マシュー・ボールの光輝くスワンを観て、やっと演出意図がわかった気がしました。

逆に舞踏会でストレンジャーが女性達を口説くシーンは、マシュー・ボールは若干おざなりというか、形をこなしているだけに見えました。マックス・ウェストウェルの方が力強く、勢いがあった気がします。もしかして、マシュー・ボールは女性をたぶらかすことに、あまり興味がないのか?と思うほどで、それはそれで個人的には好感が持てました。王子と踊る時だけ、(つれない、という設定にも関わらず)熱量が上がる感じがしました。

最後の王子のベッドでのスワンは、舞踏会の冷たさと打って変わって、命をかけて王子を守ろうとする姿を見せます。精神を患った王子の願望が幻影となったのでしょうか。ここでは血の掻き傷がスワンの体についているのですが、なぜかはわかりません。しかし瀕死のスワンの美しいこと。最後の最後まで神々しいスワンを堪能できて、本当に良かったです。白鳥の群舞も迫力満点。感動のあまり血の巡りが良くなったのか、少し肩凝りが解消された気がしました。

スワン以外にも、バーや舞踏会でのモダンな振り付けが楽しめました。斬新な踊りにも違和感なくはまるチャイコフスキーの音楽は普遍的な魅力があるのだなと改めて思いました。

 

↓こちらはアダム・クーパー

チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」 [DVD]

チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」 [DVD]

 

 

 

上海「Sleep No More」(準備編)

観劇日:2019年5月1日

会場:The McKinnon Hotel(上海)

f:id:kangekidaisuki:20190503181942j:image

ずっと気になっていた上海Sleep No Moreをようやく体験できました。一泊二日の弾丸でしたが、3時間仮面を被って役者さんを追いかけ回すという、なかなか贅沢な経験ができました。行って本当によかったです。

【チケット手配】

チケットはスマホで下記URL↓から手配しました。職場のお昼時間に思い立って笑。

不眠之夜

【ホテル】

初中国で、中国語が全くできないので、宿泊先は日系のオークラガーデンホテル上海を手配。会場のMcKinnon Hotelの最寄駅「南京西路」から地下鉄12号線で一駅のところにあるホテルです。

花園飯店(上海)官网/ Offical Site of Okura Garden Hotel Shanghai / オークラガーデンホテル上海公式サイト - Offical Site of Okura Garden Hotel Shanghai

ホテルのスタッフの皆さんが日本語話せる人が多くて(話せない人もいる)、感じがよくて、お土産も日本人好みのものが買えて、大正解でした。予約する前にOne harmony会員になると、優先的にチェックインさせてもらえたりします(登録料無料)。

会員エリア - Offical Site of Okura Garden Hotel Shanghai

地下鉄12号線は、東京の地下鉄みたいにきれいで、夜も安心して乗れました。

【空港からの移動】

到着後のホテルへの移動は、初中国ということで、少し奮発してVELTRAの空港送迎をお願いしました。

【空港送迎】上海浦東空港⇔上海市内ホテル or 上海ディズニーランド地区ホテル<貸切チャーター/中国語ドライバー>

ドライバーのお兄さんはとても感じのいい人で、こちらも正解。帰りは地下鉄を利用しました。

【事前の予習】

マクベスのあらすじをネットで調べた程度。ポイントになるシーンさえおさえていれば、なんとかついていけるものだなという印象です。

本当は、野村萬斎も絡んでいるという新訳を読んでみたかったのですが、間に合いませんでした。

新訳 マクベス (角川文庫)

新訳 マクベス (角川文庫)

 

【アプリなど】

役に立ったのは、以下の2つ。

1.百度地図

百度地图

中国版Google Map。現地では特別回線を使えばGoogle Mapにも繋がるのですが、位置情報がずれたりして、使いものになりません。

私は、百度地図で事前に行き先への道順を調べ、スクリーンショットで保存しました。そうすればネットが不安定でも安心でした。アプリもありますが、ブラウザで利用しました。

2.有道翻译官

http://shared.youdao.com/dict/market/2016fanyiguan/index.html

日本語→中国語に翻訳できるアプリ。VELTRA送迎のお兄さんや、コンビニのお姉さん、フットマッサージのお兄さんとのコミュニケーションに利用しました。要ネット環境です。

アプリの機能としては、中国語→日本語もできるのですが、自分のスマホで中国語入力ができないので、実質日本語→中国語のみの利用。

 

当日編に続きます。

プリシラ(日生劇場)

観劇日:2019年3月21日

劇場:日生劇場

f:id:kangekidaisuki:20190330173253j:image

1994年のオーストラリア映画がブロードウェイで舞台化されたものの日本語版。シンディ・ローパーやマドンナなど懐かしい曲の数々にのせてドラァグ・クィーンを描いた作品で、傷ついた心への優しい眼差しを感じました。演出は宮本亜門

【あらすじ】

シドニードラァグクィーンをしているティックは妻子と別居中。息子には自分の仕事を「ショービジネス」とだけ伝えている。

ある日妻のマリオンから電話があり、彼女がオーナーであるカジノでショーをして欲しいと言われる。ティックは引退したトランスジェンダーのバーナデットと、仕事仲間のアダムに声をかけ、プリシラ号と名付けたバスで、オーストラリアの真ん中にあるアリス・スプリングスを目指すが…。

【以下、ネタバレを含む感想】

「まだLGBTへの偏見が今より大きかった時の話」というような内容のテロップから物語が始まります。

最初のステージシーンで「もう愛なんていらない」と歌われるのを皮切りに、理解されないことや受け入れられないことの哀しみが通奏低音のように流れている気がしました。

キャストの中では、バーナデットを演じる陣内孝則が存在感がありました。ヒールは歩きにくそうだったけど、着ている洋服もセンスがよくて、上品で、メリル・ストリープのような雰囲気。ミュージカル「深夜食堂」にも出演していたコーラスのエリアンナは迫力満点。シンシア役のキンタロー。も異彩を放っていました。ティックの息子ベンジー役の子が、セリフに心がこもっていて、とても上手でした。

ティックとアダムは、2階席だったのもあって、どちらがどちらかよくわからなくなることが多々ありました。同行者も同じ感想を持ったようです。

ゲイの主人公と別居妻の仲が良いのは、ボヘミアン・ラプソディーに似てると思いました。

一番印象的だったのは、劇場全体がエアーズロックになったような瞬間。壁や天井が岩のような質感で、座席の色も桃色だったので、劇場の特徴がよく生かされていると思いました。

ディスコナンバーのショーシーンも華やかで、優しい気持ちになれて、楽しめる舞台でした。

 

Priscilla: Queen of the Desert

Priscilla: Queen of the Desert