仕事が嫌になったからブロードウェイでミュージカル観てくる

映像業界経験のある事務職員。観劇への情熱だけが残っています。

The Band's Visit(迷子の警察音楽隊)

観劇日:2018年6月30日

劇場:ETHEL BARRYMORE THEATRE

f:id:kangekidaisuki:20180723210848j:image

6月末から3泊5日で行った観劇弾丸NY旅行。一番しみじみと愛着が湧いたのが、このミュージカル「The Band's Visit」でした。18年度トニー賞10部門受賞。 

【あらすじ】時は1996年。イスラエルのアラブ文化センターで演奏するため、ペタハティクヴァという街に向かっていたエジプトの警察音楽隊。ところが、一字違いの田舎街ベイトハティクヴァに来てしまう。やむなくその街に一泊することになった音楽隊のメンバー達が、セクシーなカフェの女主人をはじめとする住人と、ぎこちなくも心温まる交流をするというお話。

【感想】ザ・ブロードウェイ的なイメージとは異なる演出がとても新鮮(無言の食事シーンとか)。特筆すべきことは何も起こらない。でも歌もバンドも素晴らしくて、幸せな気持ちになれるミュージカルでした。ホリプロが出資しているそうなので、日本での上演も期待されます(来日キャストを強く希望)。

この作品は、2007年のイスラエル映画(邦題:迷子の警察音楽隊)が元になっています。

迷子の警察音楽隊 [DVD]

迷子の警察音楽隊 [DVD]

 

Hulu でも視聴可)

個人的には映画はあまり印象に残らなかったのですが(政治的背景を理解していないからかもしれません)、ミュージカル版の脚色が素晴らしい。このシーンのこのセリフをこんな風に拾うのか!と唸らされました。

サントラはApple Musicの3ヶ月無料トライアルに登録して、旅行前から聴き、帰ってきてもまだ楽しんでいます(トライアル終了後どうするかは未定…)。

Answer Me

Answer Me

  • Adam Kantor & The Band's Visit Original Broadway Company
  • サウンドトラック
  • ¥250

翌日観に行った「My Fair Lady」の劇場で、後ろに座っていたお客さんが「Band's Visit良かったわよね」と話していて、私も心の中で、うんうん、と頷いていました。