仕事が嫌になったからブロードウェイでミュージカル観てくる

映像業界経験のある事務職員。観劇への情熱だけが残っています。

マノン・レスコー(METライブビューイング)

鑑賞日:2018年8月29日

映画館:東京劇場

METライブビューイング初体験の演目は、ロジャース&ハマースタインにも影響を与えているプッチーニの「マノン・レスコー」。ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で上演されたオペラの録画を映画館で観られるというもの。時代設定を1940年代のパリに移した新演出でした。鑑賞料金は3,100円。

【あらすじ】18歳の美しいマノンは、親の意向で修道女になることが決まっていた。うぶな青年デ・グリューは彼女に一目惚れし、2人は駆け落ちをする。

3年後、デ・グリューとの貧しい生活に耐えられなかったマノンは金持ち老人ジェロンテの愛人となっている。しかし、何不自由ない暮らしの中でかつての若い恋人デ・グリューが恋しくなり…。(あらすじ終わり)

【感想】まあ、マノンが勝手な女なのですが、彼女を一途に思うデ・グリューがあまりに健気で感情移入してしまいました。演じるロベルト・アラーニャは急遽本番の2週間前に代役を引き受けたとのこと。青年というよりコロンボ似のおじさん?という風貌ですが、これが憎めないキャラ。幕間のインタビューで「ペース配分が課題だが、目の前に相手役がいるともう気持ちが入り込んでしまって、考えられなくなる」と言っているとおり、冒頭の「一緒に逃げよう」と歌うところからパワー全開。涙腺を刺激する歌声です。そして終始なんとも言えない表情でマノンを見つめている。ニューヨークタイムズの劇評でも賞賛されていました。

このオペラは元々、アベ・プレヴォの小説が原案となっています。フランス・ロマン主義クルチザンヌ(高級娼婦)像の原点とされていて「椿姫」も影響を受けているそうです。

娼婦の肖像―ロマン主義的クルチザンヌの系譜

娼婦の肖像―ロマン主義的クルチザンヌの系譜

 

 

マノン・レスコー」の今後の東劇での上映スケジュールは9月19日(水)〜21日(金)と10月2日(9月は午前11時、10/2は18時半開演)。HPがちょっとわかりにくいのですが、チケットはこちらで日付を指定すると買えます。