仕事が嫌になったからブロードウェイでミュージカル観てくる

映像業界経験のある事務職員。観劇への情熱だけが残っています。

NTLive「イェルマ」+トークイベント(プレミアボックスシート)

f:id:kangekidaisuki:20180925105054j:image

鑑賞日:2018年9月19日

映画館:TOHOシネマズ日本橋

上演時間:1時間49分(休憩なし)

「ドクター・フー」のコンパニオン、ローズ役で有名なビリー・パイパーが熱演。今回ナショナルシアターライブで上映の「イェルマ」はスペインの詩人/劇作家フェデリコ・ガルシーア・ロルカの脚本を、演出のサイモン・ストーンが現代に置き換えて翻案したものだそう。2017年オリヴィエ賞最優秀リバイバル賞他受賞。

【あらすじ】ブログを書いて収入を得ている「彼女」はパートナーのジョンと一緒に住んでいる。30代を過ぎて子供を望むがなかなか思うようにいかない。しかし子供を望まない姉が妊娠をしたと聞いて嫉妬の思いに苦しめられ…。

【感想】子どもが欲しくて欲しくてたまらなくて、それがないと他の何があっても幸せになれず、精神が崩壊していく人の話。妊娠を望む望まないに関わらず、女性はあのくらいの年齢になると、自分の中に生まれるひそかな狂気を持て余すことが多いのではないかと思いました。老いていくことに対する不安、元彼を未練がましく思い出したりする心の揺れなどいちいちリアル。

旦那はかなり忍耐強く彼女に付き合って、最後まで心にグッとくる言葉をはく。正直、もっと早く去ってもいいくらい。

かなり細切れに区切られてテロップが頻繁に入るのは、今のテレビドラマっぽいなと思いました。

ハッピーエンドではないけれど、最後は不思議なカタルシスがある作品でした。いつも思うことですが、あんな激しい演技をしていた人が、カーテンコールでは笑顔で挨拶するギャップが面白い。

終映後の小川絵梨子さん、谷賢一さんのトークイベントでは、エンディングが原作から変わったこと、俳優とのワークショップを経て脚本が作られたこと、場面転換や舞台装置のことなど、ライターさんや作り手側からの情報・感想を聞くことができて、興味深かったです。

ちなみに今回は初めてプレミアボックスシートを体験。想像以上に快適でした。

f:id:kangekidaisuki:20180920101346j:image

鑑賞中に隣の席が気になるタイプの人にはおすすめです。個室感大。

NTLive「イェルマ」はTOHOシネマズ日本橋で10月4日まで。11月2日からは吉祥寺オデヲンでの上映も予定されています。

 

 ビリー・パイパーの代表作「ドクター・フー」は、第一話がこちらで無料視聴可↓

hulu)

 

三大悲劇集 血の婚礼 他二篇 (岩波文庫)

三大悲劇集 血の婚礼 他二篇 (岩波文庫)