仕事が嫌になったからブロードウェイでミュージカル観てくる

映像業界経験のある事務職員。観劇への情熱だけが残っています。

ダイアログ・イン・サイレンス

体験日:2018年8月12日

会場:ルミネ0 新宿NeWoman

数年前にダイアログ・イン・ザ・ダークを体験して楽しかったし、音の無い世界に興味があったので、友人と行ってきました。

f:id:kangekidaisuki:20180813083028j:image

ダイアログ・イン・サイレンスは、一切言葉を使わずに表情やボディランゲージだけでコミュニケーションをする、というもの。手話も禁止です。当日は12人1組で行動するのですが、アテンドスタッフさん(ろう者の方)が身ぶり手ぶりだけで「この部屋ではこれこれのことをします」と説明します。何だかわかってしまうのだからすごい。後でお話を伺ったところ、スタッフの研修はかなり厳しくしっかりしたもののようです。

「写真を見て、それを表す表情を作る」という部屋では、自分の表情の引き出しの乏しさに気づきました。あとはアテンドスタッフに背を向けると、それはもう彼とのコミュニケーションが断たれてしまうことなのだということも。いくつか手話も教えてもらえました。

最後の部屋でヘッドフォンを外し、体験を分かち合うのですが、アテンドスタッフさんが、「表情が乏しいなら鍛えればいい。腕の筋肉をつけるのと同じだ」と話されていたのが印象的でした。彼もアテンドを始めた頃は「顔がこわい」と子どもに泣かれたりしたそうです。

体験終了後は、自分で選んだ表紙を何も書いてない本につけて、表紙や中身に好きなことを書いて本棚に並べます。

f:id:kangekidaisuki:20180813085644j:image

f:id:kangekidaisuki:20180813085103j:image

終わった後、なにか清々しい気持ちになるイベント。一緒に行った友人もいい表情になっていました。2019年夏も開催予定だそうです。

 

総合プロデューサーの志村真介さんの本もあります。暗闇で視覚障がいの方がアテンドする「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」について。