仕事が嫌になったからブロードウェイでミュージカル観てくる

映像業界経験のある事務職員。観劇への情熱だけが残っています。

愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』

鑑劇日:2019年3月10日

劇場:TBS赤坂ACTシアター

f:id:kangekidaisuki:20190311223643j:image

レキシのファンなので、内容がイマイチよくわからないながらも、怖いもの見たさで行ってきました。これも一種のジュークボックス・ミュージカルと言えるのか…?

【あらすじ】

長年家に引きこもっている"織田こきん"。彼の唯一の楽しみは、歴史オタクのネットアイドル カオリコの動画を見てコメントを書き込むことだった。ある日、母親と引きこもりサポーターの明智と共に、テーマパーク"レキシーランド"に行く事になった こきん。そこで偶然、憧れのカオリコと対面することになるが…。

【以下、ネタバレを含む感想】

ショートコントをレキシのナンバーで繋げたような内容。親子愛とか、虚像と現実の自分とか、いくつかテーマはあるようなのですが、正直よくわからなかった。レキシの楽曲の力と、芸達者な役者さん達の力で成立しているような作品でした。

主役の山本耕史は生で初めて観ましたが、歌が本当に上手。聴かせます。引きこもりなのにダンスキレキレだし腕力もあるのがおかしい。八嶋智人の1人で場を盛り上げる力には感服。テレビで見ているだけではわからないものでした。藤井隆は「その頃〇〇は」の一言で笑いを取るのはさすが吉本と思ったし、高田聖子も芸達者。浦島りんこの歌も迫力でした。松岡茉優は、ネットアイドルの微妙な感じがはまっていました。佐藤流司義経ぴったり。殺陣もお見事。ダンサーさん達もキマってました。

笑えていいストレス発散になったし、稲穂を振りながら「狩りから稲作へ」を聞けたのもよかったのですが、あまりに内容がめちゃくちゃなので、誰にでも勧められるものじゃないかな、という感想。人によっては怒るんじゃないかな…。これが今後どんな風に変化していくんだろうという興味はあります。

一番印象に残ったシーンは、オール一休の分厚いコーラスでした。