仕事が嫌になったからブロードウェイでミュージカル観てくる

映像業界経験のある事務職員。観劇への情熱だけが残っています。

ミュージカル

プリシラ(日生劇場)

観劇日:2019年3月21日 劇場:日生劇場 1994年のオーストラリア映画がブロードウェイで舞台化されたものの日本語版。シンディ・ローパーやマドンナなど懐かしい曲の数々にのせてドラァグ・クィーンを描いた作品で、傷ついた心への優しい眼差しを感じました。…

愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』

鑑劇日:2019年3月10日 劇場:TBS赤坂ACTシアター レキシのファンなので、内容がイマイチよくわからないながらも、怖いもの見たさで行ってきました。これも一種のジュークボックス・ミュージカルと言えるのか…? 【あらすじ】 長年家に引きこもっている"織田…

王様と私(TOHOシネマズ日比谷プレミア上映)

鑑賞日:2019年2月22日 映画館:TOHOシネマズ日比谷 (写真を撮り忘れたので、タイのイメージ画像。こんなシーンも出てきます) 子どもの頃、テレビでユル・ブリンナー版の映画を観たときは、デボラ・カー演じるアンナの美しさ聡明さ(と広がるスカート)に…

パリのアメリカ人(劇団四季)

観劇日:2019年2月11日 劇場:東急シアターオーブ(渋谷) 上演時間:2時間50分 ※途中休憩あり 1951年のミュージカル映画を、少しストーリーを変えて舞台化したもの。 歌よりダンスの割合が多くて、以前観たマシューボーンのシンデレラに少し歌が加わった、…

ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812

観劇日:2019年1月8日 劇場:東京芸術劇場 2年前にブロードウェイに行った時、気になっていたのに観そびれた作品。1番の売りであるコメットシートを、奮発して体験してきました。トルストイの「戦争と平和」が原作ということで、ややこしい話かと思いました…

ジャージー・ボーイズ(神奈川県民ホール)

観劇日:2018年11月10日 劇場:神奈川県民ホール 2019年ロンドン上演の「バイオレット」の紹介記事で、イギリスの演出家が日本版ジャージーボーイズを高く評価していたので、チケットを取ってみました。演出は故蜷川幸雄氏の弟子である藤田俊太郎氏。9月末の…

ミュージカル深夜食堂(新宿シアターサンモール)

観劇日:2018年10月26日 劇場:新宿シアターサンモール 上演時間:1時間40分(休憩なし) 【あらすじ】 夜中の0時に開く「深夜食堂」と呼ばれる居酒屋。目に傷のある訳ありなマスターの元に、悩みや寂しさを抱えたお客達が毎晩訪れる…。 【以下、ネタバレを…

ミュージカル「SMOKE」

観劇日:2018年10月20日 劇場:浅草九劇 上演時間:1時間50分(休憩なし) 不遇の詩人、李箱(イ・サン)を題材にした韓国ミュージカルの日本プロダクション。台詞や歌詞のあちこちに彼の詩と思われる言葉が散りばめられていました。ダダイズムだというので…

世界を狙う日本発ミュージカル:「生きる」初日(TBS赤坂ACTシアター)

観劇日:2018年10月8日 劇場:TBS赤坂ACTシアター 公演時間:2時間15分(休憩有) 名作誕生の瞬間に図らずも立ち会ってしまった、そんな気持ちです。期待の斜め上を行く感動を体験しました。 【あらすじ】市役所の市民課課長、渡辺勘治は定年間近。同じ時間…

「お熱いのがお好き」2020年新作ミュージカルに

「お熱いのがお好き」(Some Like It Hot)が2020年、新作ミュージカルになってブロードウェイにやってきます。音楽担当は「メリー・ポピンズ・リターンズ」のシャイマン&ウィットマン。 オリジナルは言わずと知れたビリー・ワイルダー脚本・監督の映画(195…

イディッシュ語版「屋根の上のヴァイオリン弾き」オフ・ブロードウェイで好評

日本でも繰り返し上演されている「屋根の上のヴァイオリン弾き」。その原作言語イディッシュ語での上演がオフ・ブロードウェイで話題になっています。 原作は、ショレム・アレイヘムがイディッシュ語で書いた小説「牛乳屋テヴィエ」。今回は、1965年のイスラ…

韓国からの逆輸入ミュージカル「深夜食堂」

「深夜食堂」といえば、深夜枠なのに映画並みのクオリティで話題になった小林薫主演のTBSドラマ。このしみじみした静かなドラマが、なんと10月にミュージカルになって上演されます。 韓国で数年前にミュージカル化されたそうで、今回の舞台はその日本語翻訳…

200人の市民が参加するシェイクスピア:ペリクリーズ(ナショナルシアター)

8月26日~28日にロンドンのナショナルシアターで上演されるシェイクスピアの「ペリクリーズ」。200人を超えるロンドン市民と6人のプロの俳優が作り出すパブリック・アクトとして注目を集めています。 【あらすじ】タイアの王子ペリクリーズは自分が恵まれて…

My Fair Ladyの新イライザ役、「ジプシー」のローラ・ベナンティに

現在ブロードウェイのリンカーン・センターで上演されているMy Fair Lady。イライザ役のローレン・アンブローズが10月21日で降板になるそうです。理由はテレビシリーズ出演のため。 新しいイライザ役のローラ・ベナンティはどんな人かというと、2008年に「ジ…

神経症ミュージカル「ニューロシス(Neurosis)」

オフ・ブロードウェイで気になっている作品をもう一つ。8月17日に上演を開始したばかりのミュージカル「Neurosis」。 2人の男女が神経症を持ちながら恋に落ちる、という話のようです。劇中では神経症が擬人化されている模様。 オフィシャルサイトの簡単な説…

2019年2月日本公開:メリー・ポピンズ・リターンズ

東急シアターオーブでの日本プロダクションも好評だったメリー・ポピンズ(私も2回観ました)。その後日談映画「メリー・ポピンズ・リターンズ」が12月25日クリスマスにアメリカで公開されます。日本公開は2019年2月1日。 メリー・ポピンズ役はエミリーブラ…

夭折の作家が残したもの:Be More Chill(ビー・モア・チル)

まだオフ・ブロードウェイ上演中でありながら「アメリカで最も人気があるミュージカルの1つ」と呼び声の高いのがBe More Chill。 【あらすじ】ジェレミーは高校生。学校で日蔭者になっていることを嘆いている。彼はある日、いじめっ子のリッチからSQUIPとい…

1969:The Second Man(月に降り立った2人目の人類)

8月24日〜9月8日にオフブロードウェイFourth Street Theatreで上演されるミュージカル「1969:The Second Man」。絶対観に行けませんが、面白そうなのでメモ。 【あらすじ】人類で(ニール・アームストロングに次いで)2番目に月面歩行を果たしたバズ・オル…

アレサ・フランクリン追悼「You'll never walk alone」

アレサ・フランクリン追悼の意をこめて、彼女の歌ったミュージカルナンバーをご紹介。 You'll Never Walk Aloneアレサ・フランクリンR&B/ソウル¥250provided courtesy of iTunes 「You'll Never Walk Alone」はロジャース&ハマースタインによるミュージカル…

10/20一般販売開始「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」

昨年NYに行った時に観ておけばよかったと思っている作品の一つが「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」。日本人キャストで来年1月に上演されます。 ブロードウェイ版ではジョシュ・グローバンが出演したことで話題になりま…

仕事に行きたくない時に聴きたいミュージカルナンバー

インスタがおすすめしてくれたミュージカルFirebringerの曲「We Got Work to Do」。冒頭でI don't really want to do the work todayと繰り返し歌われるのですが、仕事が嫌になった時に聴くと、自分の気持ちを代弁してもらえるようで、心がすっとします。 We…

RENT(東急シアターオーブ)

観劇日:2018年8月10日 劇場:東急シアターオーブ(渋谷) もう何年も前に、イギリス一人旅をした友人が、「英語全然わからないのに号泣した!」とサントラを貸してくれたのが、レント。 お盆前に、NY気分を味わおうと急遽当日券で観ました。半額くらいのエ…

「トーチソング」11月よりブロードウェイでリバイバル上演

大昔に加藤健一事務所の「トーチソング・トリロジー」を下北沢の本多劇場で観たことがあります。記憶がおぼろげなのですが、最後にゲイの主人公が自分の心情を訴えるシーンで強く心動かされたことを覚えています。 この舞台が、今年の11月からブロードウェイ…

名曲ピックアップ18夏:A Hymn to Him(My Fair Lady)

My Fair Ladyは1956年初演なので、18夏というのはどうかとも思いましたが、今上演されてるので。 トランシルベニア大使館での社交界デビュー大成功の後に家出したイライザについて、ヒギンズ教授が「なぜ女は男のようになれないのか?」と怒りをぶちまける歌…

ミュージカル「トッツィー」が19年3月ブロードウェイへ

ダスティン・ホフマン主演の映画「トッツィー」がミュージカルになって2019年3月にブロードウェイで上演されるようです。この9月からプレ・ブロードウェイ公演がシカゴで行われます。 音楽をThe Band's Visitのデイビッド・ヤズベックが担当しているのが非常…

名曲ピックアップ18夏:Omar Sharif(The Band's Visit)

2018年トニー賞を10部門も取っていながら、Today Tixでのチケット代が49ドルからと、いまいちふるわないThe Band's Visit。Dear Evan Hansenは最低でも129ドルするのに。 応援の意味も込めて、The Band's Visitから2曲目「Omar Sharif」を取り上げます。 到…

思わず偽物に手を伸ばしてしまう心境:Words Fail(Dear Evan Hansen)

今回は、昨年夏に観たDear Evan Hansenから「Words Fail」について。 主人公エヴァンが、自殺した同級生コナーの遺族に、自分がついていた嘘を打ち明けるシーンで歌われる歌。聴くだけで体力使うような、6分近くある大曲です。 Words FailBen Plattサウンド…

名曲ピックアップ18夏:Haled's Song About Love(The Band's Visit)

今年の夏に観たミュージカルの中で、特に印象的だった曲について、詳しく紹介していきたいと思います。 1曲目はThe Band's Visitの「Haled's Song About Love」。playbillで動画が公開されています。 www.playbill.com 劇中で、アレクサンドリア警察音楽隊の…

Groundhog Day(恋はデジャ・ブ)

観劇日:2017年8月19日 劇場:August Wilson Theatre 昨年夏の観劇。スポット動画でアンディ・カールがチャーミングだったので観ることにしました。 この作品は、イギリスでオリビエ賞の作品賞と主演男優賞を受賞。ブロードウェイでも2017年度トニー賞7部門…

Dear Evan Hansen(ディア・エヴァン・ハンセン)

観劇日:2017年8月19日 劇場:Music Box Theatre 昨年夏の観劇。トニー賞前に予約を試みたのですが、既にチケットはほぼ売り切れ。veltraでも取れず。迷いに迷った末、313ドルのプレミアチケットを購入しました。 ミュージカルでありながら、ストレートプレ…