仕事が嫌になったからブロードウェイでミュージカル観てくる

映像業界経験のある事務職員。観劇への情熱だけが残っています。

スカイライト(新国立劇場・本公演)

観劇日:2018年12月22日

劇場:新国立劇場

f:id:kangekidaisuki:20181222212410j:image

NTLiveを3回観て、シナリオを買った本作。プレビュー公演から20日後の新国立劇場本公演鑑賞でした。

劇場へ向かう際、渋谷の人混みに心折れそうになりましたが、本当に行って良かったです。

【あらすじ】

ロンドンの外れで教師をしているキラ。彼女のアパートを、元不倫相手トムの息子が3年ぶりに訪ねてきて、母親が1年前に無くなったと言う。そして同じ日の夜、トム本人もアパートを訪れる。最初は当たり障りのない話をしている2人だったが…。

【感想】

プレビュー公演ではベッド側から観たので、今回は台所側から。前回は隠れていたキラやトムの表情がよく見えて大満足でした。

エドワードが冒頭では、プレビュー公演よりイラつく奴になっていて、それをさえぎるキラの「やめて!」がとても効いていました。でも「あなたはとてもいい子」とも言ってしまうキラは、日頃からイーストハムの大変な生徒を相手にしているのもあるだろうけど、なんて懐の広い人。

トムはプレビュー公演では、ずっと飄々としていた感じでしたが、本公演ではより生の感情を露わにしていて、2人の応酬がかなり凄いことになってました。キラのソーシャルワーカーのくだりもプレビューより迫力があって、「男性の所有物でない独立した人格」がビシビシ伝わってきました。

途中、トムだけじゃなくて、キラも言ってることおかしいよね?と思う面もあるのに(不倫してアリスを傷つけたのは彼女も同じだから、トムに何か言える立場じゃないのでは、とか)、なぜこのお芝居がこんなに魅力的に思えるのだろうと今回改めて考えたのですが、登場人物があんなにも自分の気持ちを曝け出してぶつかり合う爽快感と、曝け出した後もなお、お互いに対する思いやりや愛情が無くなっていない、というところかなと思います。トムもキラも決定的な価値観の違いで一緒にはいられないわけですが、別の面では弱さや短所を含めて互いのことを本当によく理解していて、そして温かい気持ちがまだ残っている。現実では、あんな言われ方をしたら激昂してもっと早く退出するでしょうから、これはやはりファンタジーだと思うのですが。あんな散々な言われ方をした後になお、「君となら喜んで新しい家族を作るよ」というトムは(色々欠点はあるにしても)器の大きい人だなと思います。

全体的に、本公演の方が、感情のうねりが見えるシーン、場がハッと止まるようなシーンのメリハリが強くなっていたと思います。手紙のことを切々と涙ながらに話すキラのシーンもとても良かった。「愛してるけど、信じられない」というセリフも観る者の心にしっかり届いてきました。

トムが登場してすぐ、ビジネスと銀行の話をするところで、隣のおじさんが深く頷いていて、やっぱり男の人はトムに共感する面があるんだなあと思ったりもしました。

とにかく、観劇後の多幸感半端なかったです。カーテンコールの蒼井優さんの柔らかい笑顔が印象的でした。新国立劇場版は今回が私的千秋楽となりますが、また別の形でぜひ観たい作品です。

Skylight (Faber Drama)

Skylight (Faber Drama)

 

それにしても、こんな作品を書いてしまうデビット・ヘアはなんて素敵な人だろうと思います。